本文へ移動

敦賀気比が3大会連続&10度目優勝 先発の本田は4安打完封【高校野球福井大会】

2021年7月21日 12時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
優勝を決めて喜ぶ敦賀気比ナイン

優勝を決めて喜ぶ敦賀気比ナイン

◇21日 第103回全国高校野球選手権福井大会決勝 敦賀気比7―0金津(福井県営球場)
 敦賀気比が中止の昨年の大会を挟んで3大会連続10度目の優勝を果たし、夏の甲子園の切符を手にした。
 2回に2死から連続安打で一、二塁の好機をつくると、1番・東が先制の左前適時打。5回には2本の適時打で2点を追加し、金津のプロ注目左腕・藤田から5回までに3点を奪って主導権を握った。
 先発の本田は最速141キロの直球を強気に投げ込み、9回を4安打、無失点の好投。最後の打者を左飛に打ち取ると、敦賀気比ナインはマウンド近くで歓喜の輪をつくって喜び合った。
 東哲平監督は「選手1人1人がこの球場で輝き、一生懸命やってくれたことに感謝してます。福井県の代表として堂々と戦って、甲子園で1戦でも多く戦いたい」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ