本文へ移動

夏の日浴びて梅の「土用干し」 若狭で加工作業

2021年7月21日 05時00分 (7月21日 17時07分更新)

夏の日差しを浴びて土用干しされる福井梅=若狭町の西田梅加工場で

 日本海側最大の梅の産地である若狭町で、梅干し作りの工程の一つ「土用干し」が始まった。ぎっしりと敷き詰められた梅が、夏本番の強い日差しをたっぷり浴びて、甘酸っぱい香りを漂わせている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報