本文へ移動

<コロナ時代を支える人> 安城市二本木保育園・保育士 菅谷元さん(36)

2021年7月21日 05時00分 (7月21日 12時59分更新)
表情豊かに読み聞かせをする菅谷さん=安城市二本木保育園で

表情豊かに読み聞かせをする菅谷さん=安城市二本木保育園で

 「子どもたちのためにいま、何が一番大切なのか。あらためてじっくりと考える機会になった」。新型コロナウイルスの感染拡大による混乱も、安城市二本木保育園の保育士菅谷元さん(36)は前向きに捉える。「子どもたちが喜ぶ姿が見たい」という思いは、年の離れたいとこたちの面倒を見ていた小学生のころと変わらない。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧