本文へ移動

森保監督 チームの仕上がりに自信 対戦相手の南アにコロナ発生も「動揺はない」【五輪サッカー】

2021年7月20日 23時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
森保一監督

森保一監督

 サッカー男子・東京五輪日本代表の森保一監督(52)と吉田麻也主将(32)=サンプドリア=は20日、初戦(22日・南アフリカ戦)の会場である東京・味の素スタジアムで公式記者会見に出席した。「ここまで非常にいい準備をしてこれた。思い切ってプレーできる環境づくりをしたい」と、チームの仕上がりに自信を見せた。
 初戦の相手・南アフリカに新型コロナウイルス陽性者、さらに濃厚接触者が出たことについて同監督は「チーム内に動揺はない。右往左往することなく落ち着いていい準備をしている。試合に向けても、問題なく進んでいける」と強調した。
 吉田には「安全安心にプレーできる環境か?」との質問が飛んだが、「イエス。1年間、陽性の選手はメンバー外となって(残りの選手で)戦うというやり方をイタリアでやってきているので、個人的に全く問題ない」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ