本文へ移動

橋下徹さん聖火最終ランナーに「森喜朗・前会長」挙げSNSから厳しい声相次ぐ

2021年7月20日 17時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋下徹さん

橋下徹さん

 東京五輪開会式を3日後に控えた20日、元大阪府知事の橋下徹さん(52)がTBS系情報番組「ゴゴスマ GoGo!Smile!」に生出演。五輪開会式のクライマックスとなる聖火最終ランナーについて、今年2月に女性への蔑視発言で組織委員会会長を辞任した森喜朗元首相の名前を挙げた。SNS上ではこの提案について厳しい意見が相次いだ。
 橋下さんは「僕が言うとしゃれかと思われると思うけど、真面目に言わせてもらう」と前置きした上で「思想が重要だと思う。日本の思想として1回過ちを犯してもちゃんと謝罪、反省をすれば許す社会になってもらいたい。小山田さんもそうだと思う。あと、やってきたことへの感謝ということが柱になる。今回、森前会長があの発言で大バッシングを食らったが、森さんの功績はものすごくある。ある意味社会的に抹殺されたけど、もう1回そういう舞台を提供することはできないか」と理由を説明した。
 放送後、ツイッター上では「橋下徹さん、高野連や組織委員会は危機感、センスがないとさんざん言ってた。森さんを上げる時点で橋下さんもセンスが無いと思う」「こんな酷暑の中で高齢の森喜朗に聖火最終ランナーをさせるなんて冗談にもほどがある」「形だけの謝罪で許される、という従来の男社会のゴリ推しですね」などの厳しい声が相次いでいた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ