本文へ移動

8月丸ごと飲み歩き 飯田丘のまちバル月間、マスク着用など感染対策

2021年7月20日 05時00分 (7月20日 11時02分更新)
飯田丘のまちバル月間ををPRする飲食店主ら=飯田市役所で

飯田丘のまちバル月間ををPRする飲食店主ら=飯田市役所で

 飯田市の中心市街地で飲み歩き・食べ歩きが楽しめるイベント「飯田丘のまちバル」(実行委主催、中日新聞社後援)が八月、感染症対策で利用者を分散させるため、一カ月間にわたる「飯田丘のまちバル月間」として開催される。実行委は十九日、市役所で会見し「飲食店は厳しい一年を乗り越えてきた。客が笑顔で来店できるよう盛り上げたい」と話した。
 中心市街地の飲食店四十九店舗が参加。一冊五枚つづりのチケットを三千五百円で販売し、チケット一枚でドリンク一杯とおつまみ一品を楽しめる。従来は一日の開催で、数店舗を渡り歩くのが主眼のイベントだが、今年は店や町中での三密回避のため、開催期間の間に数日にわけてチケットを使えるようにした。
 参加者は飯田下伊那地域に居住または勤務する人に限定。マスク着用で、少人数での短時間の利用を呼びかけている。県の感染警戒レベルが5になるか、市内でクラスターが発生した場合は中止する。店舗によって参加日程が異なり、配布される冊子で確認できる。
 チケットは参加飲食店や飯田駅観光案内所などで販売する。参加者は市内の呉服店五店舗で五百円で浴衣の着付けができる。予約が必要。(問)飯田市中心市街地活...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧