本文へ移動

【五輪男子サッカー】三笘に続いて…4戦連発中の堂安も「かかと痛」で別メニュー

2021年7月19日 19時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
堂安律

堂安律

 東京五輪サッカー男子の日本代表は19日、1次リーグ初戦・南アフリカ戦(22日・味スタ)に向け、千葉県内で練習した。18日の全体練習オフを挟んだ選手は、攻撃陣と守備陣に分かれて連係を確認するなど約1時間半汗を流した。
 練習では、国際親善試合4戦連発中と好調のMF堂安律(23)=PSVアイントホーフェン=が17日のスペインとの強化試合でかかとを痛めた影響で別メニュー調整となり、軽いランニングの後、練習を切り上げた。
 また、右太ももの張りを訴えるMF三笘薫(24)=川崎=も、別メニュー調整。3日後に初戦を控える中、慎重な調整が続いている。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ