本文へ移動

風物スケッチ 情緒豊か 北陸銀金沢支店で愛好家5人作品展

2021年7月19日 05時00分 (7月19日 10時41分更新)
身近な風物のスケッチが並ぶ会場=金沢市南町で

身近な風物のスケッチが並ぶ会場=金沢市南町で

 県内の風景を題材にした絵画などを紹介する「身近な風物スケッチ展」(北陸中日新聞後援)が、金沢市南町の北陸銀行金沢支店で開かれている。高井洋(よう)さん(60)=かほく市=ら愛好家五人の計二十四点が並ぶ。金沢市内の風景を描いた高井さんの約二十点を動画で紹介するコーナーも設けられている。三十日まで。
 満開の桜が咲く犀川や、河北台地から望む早春の立山連峰など県内各地の風景画が目を引く。建築透視図の技法を取り入れつつ、画像編集アプリケーションも活用しているといい、温かみのある作品に仕上がっている。高井さんは「作品をきっかけに日常の見慣れた景色を見つめ直す良い機会になれば」と話す。
 人物画や静物画も展示されている。時間は午前九時〜午後三時。(村松秀規)

関連キーワード

PR情報

石川の新着

記事一覧