本文へ移動

無観客でも変わらず豪快に 豊橋祇園祭で手筒花火奉納

2021年7月19日 05時00分 (7月19日 11時22分更新)
火の粉を浴びながら手筒花火を上げる氏子たち=豊橋市関屋町の吉田神社で

火の粉を浴びながら手筒花火を上げる氏子たち=豊橋市関屋町の吉田神社で

 豊橋市の夏の風物詩「豊橋祇園祭」が十七、十八の両日、同市関屋町の吉田神社であった。十七日夜は氏子らが五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を願い、手筒花火約百二十本を奉納した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報