本文へ移動

「Foorin」9月末放送のNHK特番でラストパフォ!解散後は、それぞれが俳優や女優の道に進む予定

2021年7月19日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月27日のNHK音楽特番をもって解散するFoorin。前列はもえのとひゅうが、後列左からたける、ちせ、りりこ

9月27日のNHK音楽特番をもって解散するFoorin。前列はもえのとひゅうが、後列左からたける、ちせ、りりこ

 2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人を応援する楽曲として、シンガー・ソングライター米津玄師(30)が作詞作曲、プロデュースした「パプリカ」のプロジェクトが、9月27日放送のNHK特番「あしたにたねをまこう!LIVE」(午後7時25分)でグランドフィナーレを迎えることが18日、分かった。同曲を歌う5人組の小中学生ユニット「Foorin」は同日をもって解散する。
 ♪パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔(ま)こう♪
 米津が作った軽快なメロディーと辻本知彦と菅原小春が手がけたかわいらしい振り付けで社会現象となった「パプリカ」は2018年8月15日にリリースされた。この曲を歌い踊る5人の小中学生の姿を、米津が「風鈴」に例えて「Foorin」と命名した。
 「ダンスミュージックバージョン」のユーチューブでの再生数は、2.2億回を超え、米津のセルフカバーバージョンも1.2億再生を突破。19年末には同曲で史上最年少となる「第61回日本レコード大賞」を受賞。NHK紅白歌合戦にも3年連続(18年は企画枠)で出場を果たした。
 また、オーディションによって選出された6歳から12歳の英語ネーティブのキッズ5人が「Foorin team E」を結成。「パプリカ」の全編英語バージョンを昨年1月にシングルとしてリリースした。
 東京五輪・パラリンピックの閉幕をもって、Foorinやteam E、病気や障害のある子どもたちと結成した「Foorin楽団」は役目を終えて解散する。9月27日放送のNHK特番では「パプリカ」の活動の軌跡を追いながら、Foorinのラストパフォーマンスを届ける。
 約3年間の活動を振り返り、たける(15)は「解散を聞き、素直に感じた事は『ついに来たか』と思い、それと同時に(これまで)みんなけがなどなく終われることに少しホッとしました」と正直な胸の内を明かした。
 もえの(13)は「すごく寂しいけどFoorinでいられて本当に幸せでした! いつも支えてくださり応援してくださった皆さまに心から感謝しています」と万感の思いを伝えた。ちせ(11)も「Foorinの活動は本当に楽しかったです! ありがとうございました! これからも『パプリカ』がみんなの夢や挑戦の『たね』になれたらうれしいです!」と願いを込めた。
 ユニット解散後は、それぞれが俳優や女優の道に進む予定だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ