本文へ移動

常葉大菊川を静岡商、浜松商が追う 夏の甲子園静岡大会展望

2019年6月23日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 本命不在の大激戦が予想される。
 昨夏代表の常葉大菊川は、例年通り夏に向けて上り調子。昨年、甲子園で本塁打を放った伊藤を大黒柱に、連覇を狙う態勢が整った。伝統校の静岡商は高田監督の長男で、140キロ超の直球が武器の2年生左腕、琢登に注目が集まる。春の県大会を制し、東海大会でも準優勝した浜松商は、俊足好打の滝本がけん引役だ。秋4強、春準優勝の加藤学園や、常葉大菊川前監督の森下監督率いる御殿場西、最速147キロ右腕、市川が主戦の常葉大橘、紅林が引っ張る駿河総合も楽しみ。春は県大会出場を逃した静岡高も巻き返してきそうだ。昨夏準優勝の島田商や大型右腕、栗田の知徳、秋準優勝の清水桜が丘、浜松工、東海大静岡翔洋、藤枝明誠、飛龍、静清、日大三島も侮れない。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ