本文へ移動

最速145キロ岐阜第一・高倉 憧れ甲子園へ!岐阜工と初戦

2019年6月30日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の大会に向けた練習に力が入る岐阜第一の高倉明健投手=岐阜県本巣市の同校グラウンドで(川越亮太撮影)

夏の大会に向けた練習に力が入る岐阜第一の高倉明健投手=岐阜県本巣市の同校グラウンドで(川越亮太撮影)

  • 夏の大会に向けた練習に力が入る岐阜第一の高倉明健投手=岐阜県本巣市の同校グラウンドで(川越亮太撮影)
 第101回全国高校野球選手権(8月6日から16日間・甲子園)の地方大会は29日、全国の4大会で計60試合を行った。中部圏ではトップを切って愛知大会が開幕し、パロマ瑞穂球場で開会式を実施。県内9球場で25試合が行われ、東郷などが2回戦へ進んだ。岐阜大会は組み合わせ抽選会が開かれ、準決勝までの組み合わせが決まった。同大会は7月13日に開幕し、順調に日程が進めば同月27日に長良川球場で決勝が行われる。
 昨秋と今春の県大会で4強入りした大垣日大や中京学院大中京、岐阜第一、県岐阜商が優勝争いの中心になりそうだ。
 3連覇を狙う大垣日大は、春はケガで本調子ではなかった右腕・内藤の復活が鍵。昨夏の甲子園で2本塁打を放った小野寺が引っ張る打線には迫力がある。中京学院大中京は技巧派左腕の不後と、U18日本代表候補に選ばれた藤田のバッテリーが盤石。岐阜第一は右腕の高倉が安定している。鍛治舎監督の就任後、2度目の夏を迎える県岐阜商はエース・松井らの故障が痛いものの、選手の能力は高い。
 昨夏準優勝の大垣商や美濃加茂、帝京大可児、市岐阜商も侮れない。
 もう、悔し涙はいらない。岐阜第一の右腕・高倉明健(あたる)投手(3年)は、今夏こそと思いながら開幕を待っている。
 昨秋は岐阜県大会準決勝で大垣日大に敗れ、3位校で出場した東海大会でも準々決勝で東邦に7回コールド負け。今春の県大会も準決勝で県岐阜商に惜敗しただけに、最後の夏への思いは強い。
 「一戦必勝の気持ちでプレーして、今度こそうれし涙を流したい。今は不安よりもワクワク感の方が大きいですね」
 身長169センチの体をいっぱいに使った最速145キロの直球で三振を狙う投球スタイル。スライダーにも自信を持ち、田所孝二監督(59)も「完成度が高く大崩れもない」と信頼する。そんな右腕は甲子園に特別な思いがある。
 中学2年の夏、決勝の東海大相模(神奈川)-仙台育英(宮城)を観戦。優勝投手となった東海大相模の小笠原(現中日)らの姿を見て「僕もここで」と誓った。最後の夏は岐阜工戦から始まる。願いをかなえるため、高倉は右腕でチームをけん引する。 (川越亮太)
 ▼高倉明健(たかくら・あたる) 2002(平成14)年2月18日生まれ、大阪府東大阪市出身の17歳。169センチ、69キロ、右投げ右打ち。小学2年で野球を始め、大阪・孔舎衙(くさか)中時代は硬式の寝屋川中央シニアでプレー。岐阜第一では1年春の岐阜県大会で初めてベンチ入りし、昨秋から背番号1を着けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ