本文へ移動

東邦・石川、「いよいよ始まる」 春夏連覇へ気合十分

2019年6月30日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
12奪三振の力投で初戦突破に導いた東郷の金子蓮汰投手=名古屋市のパロマ瑞穂球場で(麻生和男撮影)

12奪三振の力投で初戦突破に導いた東郷の金子蓮汰投手=名古屋市のパロマ瑞穂球場で(麻生和男撮影)

  • 12奪三振の力投で初戦突破に導いた東郷の金子蓮汰投手=名古屋市のパロマ瑞穂球場で(麻生和男撮影)
  • 開会式で入場行進する東邦ナイン(松田雄亮撮影)
 第101回全国高校野球選手権(8月6日から16日間・甲子園)の地方大会は29日、全国の4大会で計60試合を行った。中部圏ではトップを切って愛知大会が開幕し、パロマ瑞穂球場で開会式を実施。県内9球場で25試合が行われ、東郷などが2回戦へ進んだ。岐阜大会は組み合わせ抽選会が開かれ、準決勝までの組み合わせが決まった。同大会は7月13日に開幕し、順調に日程が進めば同月27日に長良川球場で決勝が行われる。

春夏連覇狙う東邦「いよいよ始まる」 石川主将

 今春センバツの優勝校、東邦が開会式に出席。高校通算53本塁打の石川主将らが入場行進した。センバツ後の春季県大会で初戦敗退したため、夏はノーシード。30日の天白戦から、令和最初の甲子園優勝を目指す戦いがスタートする。石川は「いよいよ始まるという気持ち。状態は悪くない。力を出すだけ」と表情を引き締めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ