本文へ移動

二刀流の東郷・金子、12K&同点打 愛知大会開幕、25試合熱戦

2019年6月30日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第101回全国高校野球選手権(8月6日から16日間・甲子園)の地方大会は29日、全国の4大会で計60試合を行った。中部圏ではトップを切って愛知大会が開幕し、パロマ瑞穂球場で開会式を実施。県内9球場で25試合が行われ、東郷などが2回戦へ進んだ。岐阜大会は組み合わせ抽選会が開かれ、準決勝までの組み合わせが決まった。同大会は7月13日に開幕し、順調に日程が進めば同月27日に長良川球場で決勝が行われる。
 毎年のように好投手を輩出する東郷に、今年も楽しみな投手が現れた。先発の最速140キロ左腕・金子蓮汰投手(3年)が、大府東から12三振を奪い完投。4安打1失点で2年連続の初戦突破に導いた。「雰囲気が練習試合と全然違う。飲まれました」と苦笑いしながらも投手戦を制し、サヨナラ勝利を演出した。
 2回に先制点を許したものの、序盤からスライダーが決まり、三振の山を築いた。5番を打つ打撃でも、1点を追う8回1死一、二塁で中前に同点適時打。投打両面で逆転勝利に貢献し「正直、焦っていたので、ホッとした」と笑顔を振りまいた。
 2016年に4回戦進出したチームのエースだった左腕・山本(中京大)は来年のドラフト候補。昨夏の主戦・真田(名城大)も1年春から愛知大学リーグで登板した。次々に好投手が誕生する状況を、金子は「なぞです」と笑うが、今年は二刀流の背番号1が引っ張る。 
 (麻生和男)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ