本文へ移動

【MLB】大谷翔平を完全に封じた菊池雄星 花巻東対決制するも…今季ワースト7失点

2021年7月18日 12時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス戦に先発したマリナーズ・菊池(AP)

エンゼルス戦に先発したマリナーズ・菊池(AP)

◇17日(日本時間18日)MLB エンゼルスーマリナーズ(アナハイム)
 マリナーズの菊池雄星(30)がエンゼルス戦に先発。5イニングを投げ、2本の本塁打を浴びるなど、今季ワーストの7失点で降板した。7勝目はならなかった。
 2回から4イニング連続で失点。選出されたオールスターでは登板を回避してこの日の登板に備えていたはずだが、エンゼルス打線の勢いを止めることができなかった。
 ただ、過去の対戦で9打数4安打2本塁打と打ち込まれていた花巻東高の後輩・大谷との直接対決では意地を見せた。第1打席では遊飛に抑え、第2、第3打席は連続三振。6月5日の試合でも16号を浴びていた後輩に対して、せめてもの意地は見せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ