本文へ移動

<山車に魅せられて> 伝統の重み、台車に乗せ 東浦・藤江地区 

2021年7月18日 05時00分 (7月18日 10時51分更新)
屋形を手入れする竹内さん(後列右から3人目)ら世話人会のメンバーたち=東浦町藤江の藤江神社で

屋形を手入れする竹内さん(後列右から3人目)ら世話人会のメンバーたち=東浦町藤江の藤江神社で

  • 屋形を手入れする竹内さん(後列右から3人目)ら世話人会のメンバーたち=東浦町藤江の藤江神社で
  • 本殿の建て替えが進むブルーシート内部を案内する平野宮司=東浦町藤江の藤江神社で
 秋の例大祭で奉納する「だんつく獅子舞」が県の無形民俗文化財に指定されている東浦町藤江の藤江神社では、二十年に一度の遷座が進められている。祭礼の関係者たちは、社殿がきれいになることをきっかけに、無形、有形の伝統を受け継ぐ住民たちの関心が高まることを期待している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報