本文へ移動

<経済GO!> 強みは「軽くて丈夫」さらに進化 長久手「サンコー鞄」社長に聞く

2021年7月18日 05時00分 (7月18日 11時03分更新)
「軽くて丈夫」と自社のスーツケースの強みを実演する桑山社長=長久手市前熊寺田のサンコー鞄で

「軽くて丈夫」と自社のスーツケースの強みを実演する桑山社長=長久手市前熊寺田のサンコー鞄で

  • 「軽くて丈夫」と自社のスーツケースの強みを実演する桑山社長=長久手市前熊寺田のサンコー鞄で
  • 倉庫で出荷を待つ商品。後方は自動化された棚=長久手市前熊寺田のサンコー鞄で
  • ハンドルの耐久性の試験。重りを入れ3000回引き上げて落とす。自社独自で厳しい基準を設けている試験項目も=長久手市前熊寺田のサンコー鞄で
  • フレームが内蔵され座ることもできるバックパック=長久手市前熊寺田のサンコー鞄で
 新型コロナウイルスの収束はまだ見えず、自由に旅行できる日はいつ訪れるのだろう。スーツケースの専門メーカー「サンコー鞄(かばん)」(長久手市)の桑山修社長(68)は「あと三年。それまでは老舗の技術を生かして、アウトドア用製品などの新商品を打ち出す」と開発を続ける。 (長坂幸枝)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧