本文へ移動

「ギアチェンジ、参考にしている」二松学舎大付エースが憧れるOBの巨人左腕【高校野球・東東京大会】

2021年7月17日 21時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
二松学舎大付の秋山正雲投手

二松学舎大付の秋山正雲投手

◇17日 第103回全国高校野球選手権大会東東京大会3回戦 二松学舎大付3ー0東京成徳大(都営駒沢)
 炎天下で9回を投げ切った二松学舎大付のエース秋山正雲投手(3年)は小さくガッツポーズした。「序盤はコントロールに苦しんだが、最後はコントロール良く投げられた。自分が失点したら流れがいってしまうと思った」。10三振を奪い、3安打3四死球で完封した。
 タイプは違うが、OBで夏の甲子園初出場時のエース左腕、大江竜聖(巨人)に憧れる。「高校時代にピンチになるとギアを上げていたそうなので、参考にしている」。2点リードの7回。右翼線二塁打、死球、中前打で1死満塁とされ、ギアチェンジした。「上げるのは球速ではなく気持ち」。この日最速142キロをマークした直球を軸に連続三振に仕留めた。プロ注目の最速146キロ左腕について、ソフトバンクの宮田スカウトは「右打者にも左打者にも真っすぐをインコースに投げられる」と投げっぷりの良さを評価した。
 昨秋、今春と東京都大会は準決勝で日大三に負けた。東東京の最大のライバルは、日大三を今春大会で破った関東第一。テレビ中継があったことを意識して、秋山は中盤以降に直球を生かすためにスライダーを使った程度で変化球をほとんど封印した。3年ぶりの夏の甲子園へ信頼できるエースだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ