本文へ移動

【オールスター】「8番・捕手」で先発出場の中日・木下拓哉、第1打席は左飛

2021年7月17日 18時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
木下拓

木下拓

◇17日 マイナビオールスターゲーム2021第2戦 全パ―全セ(楽天生命パーク宮城)
 球宴初出場となった中日・木下拓哉捕手(29)は全セの「8番・捕手」で先発出場。第1打席は左飛だった。
 1―0の2回2死、全パ先発・宮城(オリックス)と対戦。初球から2球連続ファウルの後、3球目の118キロのチェンジアップを打ったが左飛に倒れた。未出場だった16日の第1戦後には「初球からフルスイングして、バットに当たってくれれば良いかなと思います」。意気込み通り、竜の正捕手が積極打法を披露した。
 守備ではチームメートの全セ先発・柳の“女房役”に。中日勢では2001年の野口―中村以来20年ぶりとなる先発バッテリーが実現した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ