本文へ移動

佐々木が泣いた! 涙の延長決勝弾 最速160キロ&毎回21K、12回勝ち越し2ラン

2019年7月21日 18時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
感極まった表情でベンチに戻る大船渡・佐々木=岩手県営野球場(千葉一成撮影)

感極まった表情でベンチに戻る大船渡・佐々木=岩手県営野球場(千葉一成撮影)

  • 感極まった表情でベンチに戻る大船渡・佐々木=岩手県営野球場(千葉一成撮影)
  • 毎回の21三振を奪った佐々木=岩手県営野球場(千葉一成撮影)
  • 延長12回には、無死1塁から決勝2ランを放った=岩手県営野球場(千葉一成撮影)
  • 今大会自己最速の160キロもマーク
  • 大船渡-盛岡四を前に、球場周辺駐車場は朝早くから満車となった(千葉一成撮影)
 第101回全国高校野球選手権大会岩手大会は21日、最速163キロの右腕、佐々木朗希(3年)を擁する大船渡は盛岡市の岩手県営野球場で、シード校の盛岡四と4回戦を戦い、延長12回4―2で振り切り、ベスト8に進んだ。佐々木は12回に右翼に決勝2ラン。この夏初めての160キロをマークし毎回の21奪三振、194球を投げ切り、満員の観衆1万2000人を投打で沸かせた。
 9回に連打で2点を失い同点にされたが、勝ち越しを許さず、自ら決勝弾。試合後は涙をぬぐって、勝って泣いたのは「初めてです」と話した。9回裏、2死満塁のピンチでは「(負けを)覚悟しました」と言い、このピンチをしのいでの勝利に「負けたら終わりの中で勝ち切れたのが良かった」と、少しホッとした表情も見せた。22日はシード校の久慈戦。連投については「体の状態を見ながら…」とだけ言った。
 ネット裏では中日、阪神のほか、ヤンキース、ドジャースなど日米9球団が視察。この夏初めて本格的に使ったフォークに、中日の山本アマスカウトチーフ補佐は「投球に幅が出た。置きにいった甘い球をヒットされはしたが別格」と評価。一方、170キロ設定のマシンを打ち込んできた盛岡四の3番で、5打数1安打だった岸田直樹内野手(3年)は「マシンは速いだけ。佐々木君は回転数が多くて浮き上がる感じだった。フォークは消える感じだった」と脱帽した。(小原栄二)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ