本文へ移動

今夏初登板の星稜・奥川が自己最速の158キロ コールドで8強入り

2019年7月21日 12時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今夏初登板で158キロを計測した星稜の奥川

今夏初登板で158キロを計測した星稜の奥川

 今秋ドラフト1位候補に挙がる星稜の奥川恭伸投手(3年)が21日、金沢市の石川県立球場で行われた全国高校野球選手権石川大会の3回戦・金沢大付戦で、4回から今夏初登板。自己最速を6キロ更新する158キロをマークし、6者連続三振を記録した。試合は12―0で5回コールド勝ちし、8強入りを決めた。
 158キロを2度計測したのをはじめ、150キロ台後半を連発した奥川は「(スピードガンが)壊れていると思います」と照れ笑いを浮かべたが、「久しぶりに投げられて楽しかった。感触も良かった。次につながる」と準々決勝以降のマウンドに手応えを語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ