本文へ移動

「もう一度、相模と」 山村学園・和田、完投で8強

2019年7月24日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1失点完投した山村学園の和田朋也

1失点完投した山村学園の和田朋也

◇埼玉大会 山村学園4-1熊谷商

 1年秋からエース番号を背負う山村学園の左腕、和田朋也投手(3年)がこの夏初完投を5安打1失点で飾った。立ち上がりを三者凡退。「心に余裕ができました。ダメな部分もあったけど我慢ができた。中盤にスライダーが抜け気味だったけど修正もできました」。ボールが先行するところも多かったが4四球にとどめたのも良かった。
 8回には左前二塁打で追加点を挙げ5番打者としても自分を助けた。岡野泰崇監督(43)の完投指令にもしっかり応え、「ここから先は自分が中心になって流れをつくっていきたい」と頼もしい。今春の関東大会は準決勝で東海大相模(神奈川)に延長10回に3点を勝ち越されて1-4で完投負けした。「もう一度、東海大相模とやりたいですね」。そのためにも、チームを初の甲子園に導いてみせる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ