本文へ移動

新幹線名物カタイアイスをおうちで 19日から通販開始

2021年7月17日 05時00分 (7月17日 05時01分更新)
「ベルギーチョコ」(右)、「いちご」のアイスクリームと「N700Sアルミアイスクリームスプーン(ブラック)」(下)=ジェイアール東海パッセンジャーズ提供

「ベルギーチョコ」(右)、「いちご」のアイスクリームと「N700Sアルミアイスクリームスプーン(ブラック)」(下)=ジェイアール東海パッセンジャーズ提供

 東海道新幹線の車内販売の名物で、スプーンがなかなか刺さらないほどの硬さから「シンカンセンスゴイカタイアイス」の愛称で知られるスジャータアイスクリームの通信販売が、十九日から始まる。車内販売を手掛けるジェイアール東海パッセンジャーズ(JRCP、東京)のオンラインショップで購入できる。
 アイスはスジャータめいらく(名古屋市)製で、四つの味がある。体温を伝えて硬いアイスを食べやすくする「N700Sアルミアイスクリームスプーン」が付いたベルギーチョコは五千七百七十円、いちごは五千三百三十円。スプーンの付かないバニラと抹茶は四千四百円。いずれも十一個入りで送料込み。スプーンセットはなくなり次第、販売を終了する。
 JRCPによると、発送から一〜二日以内に受け取った直後のみ、カチコチの「スゴイカタイ」状態で食べられるという。同社の担当者は「新型コロナウイルス禍で積極的に新幹線をご利用いただくのが難しい場合がある。ご家庭で楽しんでいただけたらうれしい」と話している。
中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報