本文へ移動

生鮮食料品を強化 名古屋・太平通のチャレンジハウス、ヤマナカに改装

2021年7月17日 05時00分 (7月17日 05時01分更新)
生鮮食品の販売を強化したヤマナカ太平通店=名古屋市中川区で

生鮮食品の販売を強化したヤマナカ太平通店=名古屋市中川区で

 スーパーのヤマナカ(名古屋市)は十六日、低価格帯の商品を中心に扱っていた「ザ・チャレンジハウス太平通」(同)を、主力のヤマナカに改装してオープンした。ドラッグストアなど業態を超えた競争が激しくなる中、生鮮食品を充実させて差別化を図る。
 鮮魚の種類や青果の取扱量をそれぞれ一・五倍に拡大。水産物売り場ではバイヤーが買い付けた生魚の対面販売を行う。総菜も売り場を広げ、種類を増やした。担当者は「青果や鮮魚を中心に、顧客にわくわくしてもらえるような新鮮な商品をそろえた」と話す。
 同社は東海三県でヤマナカや高品質商品を扱うフランテ、フランテ館など五形態六十三店のスーパーを展開。顧客の認知度が高いヤマナカやフランテの二形態への集約を進める。
中日BIZナビ
中日BIZナビ

関連キーワード

おすすめ情報