本文へ移動

丹生・玉村、11K完封で決勝進出 福井大会

2019年7月24日 13時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
完封で決勝進出を決め、チームメートと喜ぶ丹生・玉村昇悟(左から3人目)

完封で決勝進出を決め、チームメートと喜ぶ丹生・玉村昇悟(左から3人目)

 福井市の福井県営球場で24日に行われた、全国高校野球選手権福井大会準決勝で、プロ注目左腕の丹生・玉村昇悟投手(3年)が福井工大福井戦に先発し、9イニングを被安打5、11奪三振で完封。丹生は8回に5安打を集めて3得点し、3-0で勝って25日の決勝に駒を進めた。
 延長10回を投げ抜いた準々決勝から中1日で登板した玉村は、5回2死まで1人の走者も許さなかった。5~8回は得点圏に走者を置いたが、変化球を散らして三振を奪うなど後続を断った。
 玉村は「緩急を付けて打たせてとることを心掛け、準々決勝より腕を振ることができた。マウンドを楽しめた」と声を弾ませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ