本文へ移動

【球宴】巨人・ビエイラ 大谷超えの163キロを4球「いい場面でアドレナリンが出た」

2021年7月16日 22時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
全セの7番手で登板したビエイラ

全セの7番手で登板したビエイラ

◇16日 マイナビオールスターゲーム2021第1戦 全パ―全セ(メットライフドーム)
 全セのビエイラ(巨人)が、あの大谷を抜いた。8回に登板した右腕は先頭・レアードの初球に163キロをマーク。これまでは2014年の第2戦で大谷(当時日本ハム、現エンゼルス)が投げた162キロが歴代最速だったが、それを抜いた。
 全10球のうち9球投げたストレートは走り、8球が160キロ超えで163キロは4球。ファンを沸かせて勝利投手にもなり「初めてのオールスターですごく楽しめました。いい場面で投げられてアドレナリンが出ました。163キロが出たのはそういうところもあったかもしれませんね」と声を弾ませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ