本文へ移動

国士舘敗れる 注目の強打者・清水武蔵はプロ志望「打率も打点も本塁打も」鍛錬誓う【高校野球】

2021年7月16日 21時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回2死一、三塁で中前に2点二塁打を放った国士舘の清水武蔵内野手

3回2死一、三塁で中前に2点二塁打を放った国士舘の清水武蔵内野手

◇16日 第103回全国高校野球選手権大会 西東京大会3回戦 東海大菅生4―2国士舘(スリーボンドスタジアム八王子)
 高校最後の公式戦を終えた国士舘の清水武蔵内野手(3年)は「勝つチャンスはあったが、詰め切れなかった。この先はプロを目標にやっていきたい。打率も打点も本塁打もコンスタントに打てる打者になりたい」とプロ志望を表明した。
 高校通算21、22号を放った2回戦の勢いそのままに、3回にはチェンジアップを捉えて中前に2点二塁打を放ったが、5回の逆転機は中飛。1点を追う8回も2番手の松永の前に右飛に倒れた。
 ただ「欲を出してデカいのを狙ってしまったが、フルスイングできました」とさっぱりした表情。鹿児島県から出てきて国士舘でプレー。昨夏はセンバツ代替の甲子園交流試合にも出場した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ