本文へ移動

ひろゆき「責められる量は変わらないんじゃないか」いじめ謝罪の小山田圭吾めぐり

2021年7月16日 21時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひろゆきさん

ひろゆきさん

 2ちゃんねる創設者のひろゆきこと西村博之さんが16日、自身のツイッターを更新。東京五輪開会式での楽曲制作を担当するミュージシャン小山田圭吾が過去の雑誌インタビューで障がいを持つ同級生らへのいじめを告白したことが問題視され、自身のSNSで謝罪したことについて「『謝罪してないから責める』派の人って、これで責めなくなるのかな?」とツイートした。
 小山田はこの日、コーネリアス名義のツイッターで「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」などと謝罪。五輪組織委員会は16日夜「当該の発言については組織委員会として把握していなかったが、不適切な発言である」とした上で「小山田氏本人はこの取材時当時の発言については後悔し反省しており、現在は高い倫理観をもって創作活動に献身するクリエーターの一人であると考えている。東京2020オリンピック開会式に向けて、引き続き最後まで準備に尽力していただきたいと考えている」とコメントした。
 西村さんは「あんまり責められる量は謝罪しても変わらないんじゃないかと予想してるおいらです」とつぶやき、問題の沈静化にはつながらないとの見方を示した。
 西村さんのフォロワーからは「変わると思います。匿名の批判は変わらないけど、名前出しての批判はぐっと減ると思う」「いじめてた過去とオリンピック関係ないですよね」「謝る相手は世間じゃなくて被害者だからね。世間に謝っても変わるわけないやん」などさまざまな声が寄せられた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ