本文へ移動

元F1王者のロズベルグも違和感「歴史的な記録がバラバラに」スプリント予選勝者が記録上はPP

2021年7月16日 17時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロズベルグさん(AP)

ロズベルグさん(AP)

 元F1王者のニコ・ロズベルグさんが15日、自身のツイッターを更新。今週末のF1第10戦イギリスGPで試験的に初導入されるスプリント予選レースを巡って、勝者が記録上はポールポジションとしてカウントされることに強い違和感を訴えた。
 「正しい決定ではない。ポールは100%、予選で最速の人間が勝ち取るものでなければならない。スプリントレースの勝者がポールポジションとして賞されるべきではない。これでは積み重ねてきたF1の歴史的な記録がバラバラになってしまう」
 スプリント予選レースはイギリスGPで試験的に初導入される新たな予選方式で、約100キロのレースでメインとなる決勝レースのスターティンググリッドを争う。スプリント予選レースのグリッドは開幕初日に従来のノックアウト方式の予選で決められるが、F1側の方針で、そのグランプリにおける記録上のポールポジションはスプリント予選レースの勝者に与えられることが定まり、賛否を呼んでいた。
 英紙オートスポーツ(電子版)によると、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテル(ドイツ)も「公式のポール獲得回数に加算されることには違和感を覚える」と不満をにじませた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ