本文へ移動

【球宴】本塁打競争で西武・山川が佐藤輝、山田を退け決勝進出

2021年7月16日 17時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームランダービーで決勝進出した西武・山川

ホームランダービーで決勝進出した西武・山川

◇16日 マイナビオールスターゲーム2021第1戦(メットライフドーム)
 試合前にトーナメント形式のホームラン(HR)ダービーが行われ、西武・山川穂高内野手(29)が初戦の準々決勝で阪神・佐藤輝を、準決勝でヤクルト・山田を退け、17日の第2戦(楽天生命パーク宮城)前の決勝に勝ち上がった。
 HRダービーは球数無制限で2分間打ち続け、本数を競う。山川は準々決勝で9―4で佐藤輝に勝利。準決勝は先攻のヤクルト・山田の5本に対し、山川は20秒ほど残して6発目を左中間スタンドにたたき込み、勝利を決めた。
 山川は腰部の張りを訴えたロッテ・マーティンに代わって出場し、見事に勝ち上がった。「優勝したことがないので、明日頑張って優勝したいです。この後の(球宴)第1戦でもホームラン打てるように頑張ります」と話した。
 17日には巨人・岡本和、ヤクルト・村上、ソフトバンク・柳田、オリックス・吉田正によるトーナメントが行われ、勝ち上がった選手が決勝で山川と対戦する。優勝者には賞金100万円が贈られる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ