本文へ移動

東海大相模、コールドで決勝へ! 2年生スラッガー西川、中押し2ラン

2019年7月28日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇神奈川大会準決勝 東海大相模11-2相模原

 東海大相模は2年生スラッガー・西川が6回に中押し2ラン。3回には同学年の鵜沼が先制2ランを放っていたが、西川は「鵜沼も打ったが、相手打線がいいので、2点差では足りないと思った。自分が打って点を入れたかった」。門馬監督からの「空振りでもいいから思い切っていけ」という言葉通りのフルスイング。オレンジ色の相模原の大応援団にも屈しなかった。「日本一を目指してやってきた。決勝もアグレッシブにいきます」と力強く宣言した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ