本文へ移動

大垣日大、夏3連覇に王手 エース内藤好投&本塁打の大暴れ

2019年7月29日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大垣日大-大垣商 8回表2死、左越え本塁打を放って生還する大垣日大の内藤(右)=長良川球場で(いずれも志村拓撮影)

大垣日大-大垣商 8回表2死、左越え本塁打を放って生還する大垣日大の内藤(右)=長良川球場で(いずれも志村拓撮影)

◇岐阜大会・準決勝 大垣日大13-5大垣商

 大垣日大が、大垣商に8回コールド勝ちし、夏3連覇に王手を掛けた。先発の内藤圭史投手(3年)が、再登板を含めて7イニング2/3を2失点と好投。打っては8回、左越えに本塁打を放ち投打で大暴れした。昨夏の甲子園でマウンドを経験した右腕は「どういう状態でも、チームを勝たせるのが背番号1」と連投になる決勝へ気合十分。阪口慶三監督も「ロースコアの戦いをしたい。内藤が投げきる展開にならないと厳しい」と“完投指令”で全幅の信頼を寄せていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ