本文へ移動

誉「大大大大金星」中京大中京も撃破 初決勝、絶対行くぞ甲子園

2019年7月29日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中京大中京-誉 2番手で登板し4イニングを無失点に抑えた誉の山口=岡崎市民球場で(松田雄亮撮影)

中京大中京-誉 2番手で登板し4イニングを無失点に抑えた誉の山口=岡崎市民球場で(松田雄亮撮影)

◇愛知大会・準決勝 中京大中京4-5誉

 新星に名乗りをあげた。愛知大会準決勝に挑んだ誉は、4-4の6回から救援した山口伶生投手(3年)が、中京大中京打線に攻められながらも4イニング零封するなど継投がずばり。1点差で逃げ切り、愛工大名電を退けた4回戦に続く“伝統校食い”で、初の決勝進出を決めた。
 春の県大会で敗れた強豪相手に1歩も引かなかった。2点を追う1回裏には適時打で反撃。同点の7回に手塚の左前適時打で2度目のリードを奪うと、8回1死満塁をしのいだ。矢幡真也監督(46)は「きょうは大大大大金星ですよ。本塁打2本で先制されても落ち込まず、攻めの守備を貫いた」とたたえた。
 立役者は背番号「1」の山口だ。緊迫した展開の中、直球をあえて130キロ台前半に抑え、変化球と見分けにくくした。「点を取られたら終わりだと必死だった。最後まで投げきるのがエースの仕事」と胸を張った。
 5月の練習試合から、杉本との継投策がメインとなった。マウンドで貫くのが気持ちだ。帽子のつばの裏には「気持ち 強気 自分がやる 後悔がないように」。夏大会前に書き込んだ言葉を力に、緊張感をほぐす。
 初の甲子園出場に、あと1勝と迫った。山口は「私学4強は倒した。ここまで来たら甲子園しかない」。決勝のマウンドを見据え、気持ちを高めた。 (高畑章)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ