本文へ移動

花咲徳栄「振り負けない」 初戦はセンバツ4強の明石商と対戦

2019年8月4日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
花咲徳栄・吉倉主将(左)と明石商・重宮主将

花咲徳栄・吉倉主将(左)と明石商・重宮主将

 2年前の覇者、花咲徳栄は今春センバツ4強の明石商と対戦する。岩井監督は相手の2年生エース・中森の印象を「スピードがあり、変化球も低めに来てクルクル空振りしていた」と話す。大会のガイドブックをチェックし、「奪三振が多い」と警戒。それでも、チーム打率が出場校中トップの4割3分2厘を誇るだけに、「買いかぶりすぎ」と苦笑しながらも「振り負けないこと。全員が打たないと」と選手を鼓舞。吉倉主将は「全員で1点でも多く取って、全員で1点でも少なく抑えたい」と闘志を燃やした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ