本文へ移動

【巨人】21日に東京ドームで『1、2、3軍シャッフル対抗戦』新戦力の発掘や選手間競争が狙い

2021年7月16日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合前練習で笑顔を見せる巨人・原監督

試合前練習で笑顔を見せる巨人・原監督

 巨人が21日に、1軍、2軍、3軍の選手をランダムに3チームに分けた対抗戦を東京ドームで行う。発案者は原辰徳監督(62)。約1カ月の五輪ブレークとなる中、後半戦へ向け新たな選手を発掘したり、選手を競争させることが狙いだ。
 指揮を執るのは元木ヘッドコーチ、阿部2軍監督、二岡3軍監督の3人。19日に3人が野手のドラフトを行ってチーム編成する。東京五輪日本代表の坂本と、球宴に出場する岡本和、ウィーラー以外の選手が対象。どんなチームになるかは3人の選択に任せる。投手はすでに3チームに分けてあり、3人がくじを引く。ドラフトは球団のインスタライブで生配信する。
 7イニング制で1回表、1回中、1回裏という形で実施予定。日テレジータスで生中継する。アピールしたい選手の熱いバトルとなる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ