本文へ移動

前橋育英には光成の金言 6年ぶり全国制覇へ「3年間の集大成」

2019年8月4日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋育英・丸山主将(左)と国学院久我山・中沢主将

前橋育英・丸山主将(左)と国学院久我山・中沢主将

 4年連続出場の前橋育英は、2013年夏の全国制覇エースの高橋光成(西武)の激励も受けての全国切符。夏の群馬大会中に同校グラウンドで「気負わないで楽にやれ」と王者としての重圧を緩めてくれた。5試合すべてに登板し、わずか4失点のエース梶塚彪雅投手(3年)は「自分の3年間の集大成になるようにしたい」と誓った。
 関東対決となる第3日の第3試合は、近大付(大阪)に完封で初戦突破した昨夏と同じとゲンはいい。群馬大会は最大でも4点差勝ち。荒井直樹監督(54)は「ロースコアがウチの野球。梶塚が落ち着いて投げてくれるかがポイント」と占った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ