本文へ移動

最優秀選手のヤクルト・内山壮真「すごくいいスイングできた」100万円ゲット【フレッシュオールスター】

2021年7月15日 21時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
MVPに選ばれ、マスコットキャラクターのつば九郎とポーズを決めるヤクルト・内山壮

MVPに選ばれ、マスコットキャラクターのつば九郎とポーズを決めるヤクルト・内山壮

 ◇15日 フレッシュオールスター 全ウ1―3全イ(松山・坊っちゃんスタジアム)
 全イが2年ぶり開催のゲームを制した。2016年以来の勝利で、通算成績は全イの21勝29敗6分け。全イで先制ソロ本塁打など1安打1四球だったヤクルトの内山壮真捕手(19)が最優秀選手に選ばれ、賞金100万円を獲得した。
 内山は「7番・捕手」で先発出場。3回の第1打席、2ボールから全ウ・森(中日)の144キロの直球をジャストミート。左中間スタンドにたたき込んだ。
 「自分の中ですごくいいスイングができた。2ボールだったので、真っすぐ1本に絞って思い切って振りにいった。スタンドまで届いてくれて良かった」と振り返った。
 石川・星稜高出身でドラフト3位入団。初舞台だったが「たくさんの先輩方から声を掛けていただき、すごく楽しくできました」。イースタン・リーグで45試合に出場し、1軍でもすでに6試合出場。後半戦に向けて「しっかりチームに貢献できるように頑張ります」と意気込んだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ