本文へ移動

3カ月半ぶり国内ツアー復帰の渋野日向子「しっかり太りました」 実家で母の手料理堪能【女子ゴルフ】

2021年7月15日 19時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロアマでショットを打つ渋野日向子(大会提供)

プロアマでショットを打つ渋野日向子(大会提供)

 女子ゴルフのGMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ(賞金総額1億円、優勝1800万円)が16日、茨城県阿見町のイーグルポイントGC(6657ヤード・パー72)で開幕する。4月から約3カ月間米ツアーに参戦した渋野日向子(22)=サントリー=の帰国初戦。初日は稲見萌寧(21)=都築電気、小祝さくら(23)=ニトリ=とのペアリングだ。
 3月末のアクサレディス以来、3カ月半ぶりに国内トーナメントに出場する渋野。相変わらずのしぶこスマイルでリモート会見の席に着くと「帰国後2週間自主隔離だったので、岡山の実家で母の手料理だったりシャインマスカット(を食べたり)で、しっかり太りました」と近況報告。この日はプロアマ戦で同じマネジメント事務所の古閑美保さん(38)と回り「すごく楽しかった。アメリカの話もしました」と明るい表情で語った。
 ゴルフについては「本当に久しぶりの試合なので楽しみだし、予選通過して3日間プレーしたいけど、そういうわけであまり練習もできなかったので。まあ自分に期待をせずラクにできると思います」という渋野。それでも「3カ月間の米ツアー、結果はいいものではなかったと思うけど、いろんな経験ができた。足りない部分も見つかったし、3カ月前よりショットの精度は上がってきている。その実感を日本で発揮できたらと思う」と改造半ばのスイングへの手応えも漂わせた。
 目指していた東京五輪代表の座はつかめなかったが「選ばれなかったのは実力不足なので悔しい気持ちもあるけど、今の自分にできることはやった。テレビ観戦できたらと思います」。誰より敬愛する上野由岐子投手らが出場する「ソフトボールも(五輪競技)復活するので、楽しみ」と思いをはせた。
 今大会から次週の大東建託・いい部屋ネットレディス(北海道・滝のCC)、楽天スーパーレディース(兵庫・東急グランドオークGC)と3連戦して、自身3度目のAIG全英女子オープン(8月19~22、スコットランド・カーヌスティーGL)に挑む計画だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ