本文へ移動

【愛知】「市民の身近に」円滑接種に献身協力 春日井市薬剤師会

2021年7月15日 05時00分 (7月15日 12時09分更新)
春日井市薬剤師会が3月に開いた分注作業などの練習会=春日井市鷹来町1の総合保健医療センターで(林会長提供)

春日井市薬剤師会が3月に開いた分注作業などの練習会=春日井市鷹来町1の総合保健医療センターで(林会長提供)

  • 春日井市薬剤師会が3月に開いた分注作業などの練習会=春日井市鷹来町1の総合保健医療センターで(林会長提供)
  • 瓶に入ったワクチンを注射筒に入れる春日井市薬剤師会所属の薬剤師(手前)=豊山町豊場の県営名古屋空港ターミナルビルで
  • ワクチンの分注作業が行われている会場の一室=豊山町豊場の県営名古屋空港ターミナルビルで
 県営名古屋空港ターミナルビル(豊山町豊場)で県が実施している新型コロナウイルスワクチンの大規模集団接種に、春日井市薬剤師会が人員を派遣し、ワクチン管理に協力している。同会場での大規模集団接種は、名古屋市と西尾張地方の七市三町の住民が対象だが、自治体の枠組みを超えて円滑なワクチン接種に貢献している。 (小林大晃)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

愛知の新着

記事一覧