本文へ移動

名古屋、春日井市にワクチン優先的に配分 「調整枠」設定で愛知県

2021年7月14日 23時36分 (7月14日 23時37分更新)
 愛知県の大村秀章知事は14日の記者会見で、政府が8月から設ける米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの調整枠について、同県には94箱(約11万人分)が割り当てられたと明らかにした。政府から在庫が十分あるとして8月2日からの2週間で供給を1割カットされる名古屋市と春日井市に優先配分する。
 県によると、名古屋市には削減された数と同じ13箱(約1万5千人分)、春日井市には1箱(約1000人分)を配分する。残りの80箱については、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報