本文へ移動

中日根尾レーザーさく裂「しっかり準備できていたので刺せて良かった」広島小園の快打に刺激

2021年7月14日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
本塁に送球する中日根尾

本塁に送球する中日根尾

◇13日 広島8―3中日(マツダ)
 根尾レーザーがさく裂した。「しっかり準備できていたので刺せて良かったです」。同点の3回無死一、二塁。広島・小園の放った打球に、右翼の守備位置から猛チャージした。素早くボールを握り替え、自慢の強肩で矢のような送球をホームへ。ノーバウンドで捕手・木下拓のミットへ収まると、本塁を狙った俊足の野間をギリギリでタッチアウト。勝ち越しを阻止した。
 6月25日の広島戦(マツダ)でも、小園のタイムリーを阻止していた。9回2死一、二塁で小園が放った左前打を素早く処理し、ワンバウンド送球でゲームセット。「打球が来たら、刺すつもりで準備していました」。ともに甲子園を沸かせた高卒3年目。毎日の準備に加え、同学年の快打を刺激に変え、チームのピンチを救ってきた。
 3試合連続で打順2番でのスタメン。前日まで2試合連続安打を放っていたが、この日は4打数無安打と「H」ランプをともすことはできなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ