本文へ移動

「豊住」動画、市が配信 豊橋での豊かな住み方アピール、若手職員が奮闘

2021年7月14日 05時00分 (7月14日 05時00分更新)
作成した動画を見せる夏目さん(右)=豊橋市役所で

作成した動画を見せる夏目さん(右)=豊橋市役所で

  • 作成した動画を見せる夏目さん(右)=豊橋市役所で
  • 動画内に登場する、公園で犬と散歩する一場面
 「リア充(現実で充実している人)」? いえいえ「豊住(ほうじゅう)」です−。豊橋市での「豊」かな「住」み方をアピールするため、市が「豊住」と銘打った動画を作成し、投稿サイトのユーチューブで配信している。ターゲットは若者と女性。本格的な人口減少社会の到来を前に、豊橋市への移住や定住を促そうと、若手職員が奮起している。(昆野夏子)
 薄紫色のショウブの花が咲き誇る賀茂しょうぶ園でくつろぐ家族連れ、静かな朝の表浜海岸で出勤前に朝釣りを楽しむ人、新たな趣味として高師緑地で乗馬を始めた人−。動画は豊橋市民のさまざまな暮らしぶりを紹介する。
 撮影と編集を手掛けるのは、市政策企画課の夏目幹大さん(36)。「若者や女性に見てもらうため、とにかくエモくて(心を揺さぶられ)、おしゃれな動画にした」と話す。気軽に見てもらうため、時間はいずれも一分ほどで、字幕も最低限にした。画角にもこだわり、「日常のシーンを非日常に見せるように工夫した」という。
 出演は市職員やその家族ら。十三日現在で着付けや犬の散歩、女子会ランチなど十本が投稿され、今後順次増やしていく。
 動画制作の背景には人口減少への危機感がある。国勢調査...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧