本文へ移動

坂井、金津、啓新が8強入り 高校野球福井大会

2021年7月14日 05時00分 (7月14日 05時00分更新)
啓新−若狭 被安打3で完封した啓新の塚田投手=県営球場で

啓新−若狭 被安打3で完封した啓新の塚田投手=県営球場で

  • 啓新−若狭 被安打3で完封した啓新の塚田投手=県営球場で
 第百三回全国高校野球選手権福井大会は第五日の十三日、福井市の県営球場で二回戦三試合が行われ、坂井、金津、啓新が準々決勝へ進んだ。
 第六日の十四日は同球場で二回戦残り三試合があり、ベスト8が出そろう。

体幹鍛え制球に磨き 啓新・塚田晴斗投手(3年)

 最速142キロの速球を、この日は130キロ台前半に抑えた。力で押すより、丁寧に低めを突く方を選んだ。成長の投球を見せた啓新の塚田晴斗投手(三年)が、高校入学後初の完封勝利。打たれた安打は3本だけだった。
 中学時代はクラブチーム「オールスター福井」のエースで四番。県内強豪校からこぞってスカウトされた中、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧