本文へ移動

【武川玲子コラム】畑岡奈紗ようやく完全復活「2度とああいう悔しい気持ちにはなりたくない」

2021年7月13日 20時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
米ツアー4勝目を挙げた畑岡奈紗=AP

米ツアー4勝目を挙げた畑岡奈紗=AP

◇コラム「米ツアー見聞録」
 日本のエース、畑岡奈紗がようやく完全復活、米ツアー4勝目を挙げた。昨年は未勝利。今季もショット不振に悩む時期があったから、苦労が報われて本当によかったと思える勝利だった。
 今年の春先は苦戦する日々が続いた。畑岡らしい精度の高いアイアンショットは姿を消していた。現在のスイングコーチは、拠点を置くフロリダ州オーランドで多くのトップ女子プロを見るゲーリー・ギルクリストさん。遠征中にスイングが分からなくなり、フロリダに一日だけ会いに戻ったこともあった。
 畑岡は自分でスイングを考えるタイプだが「相談できる相手が見つかって気持ちが楽になった」と辛抱強く修正に取り組んだ。大きなスイング改造に取り組んだわけではない。「毎回自信を持ってやりなさいと言われた。ただなかなか4日間続かなかった」。精神的な要素も指摘されていた。
 勝てなかった2年の間に悔しい思いも何度もした。メジャー制覇を目指した2019年、AIG全英女子オープンは日本から来た初出場の渋野日向子が優勝し、先を越された。1カ月前の全米女子オープンでは2歳年下の笹生優花にプレーオフで敗れた。悔し涙を流したに違いない。その全米女子オープンでロゴ入りボールマークを購入し「2度とああいう悔しい気持ちにはなりたくない」と毎試合使用している。
 そんな正直な気持ちを自然体で口にできる畑岡に接し、本当に大人になったと実感する。次の目標は「プロになる前から目指してきた」という東京五輪。ひたむきな努力が東京で実ることを祈っている。(全米ゴルフ記者協会会員)
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ