本文へ移動

脇阪寿一が次戦出場停止 ネジの種類異なりレギュレーション違反に【86/BRZ Race】

2021年7月13日 19時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
脇阪寿一=資料写真

脇阪寿一=資料写真

 レーシングドライバーの脇阪寿一(48)が13日、自身のブログを更新。参戦している「86/BRZ Race」の第2戦・富士(富士スピードウェイ)で、車検の結果レギュレーション違反が分かり、次戦のSUGO(スポーツランドSUGO)は出場停止処分となったことを明かした。
 脇阪によると、本来ならプラスドライバーで絞めるタイプを使用しないといけないデフを取り付けるネジが、六角レンチで絞めるタイプを使っていたことが違反と判定された。「デフを組んでくれたメカニックは、本来ならプラスネジを使用している事も理解しておりましたが、それが六角ネジになっている事に気づきながらも、そのタイプもあるのだと、安易に考えた様です。」と説明した。
 車両をつくるオウルテックの東海林春男代表から「われわれはチームです。一人のミスは全員のミスであり、チーム全体で反省しましょう」と言葉を受けたことから、同社社員ドライバー3人も欠場するという。
 脇阪は「この度は大変申し訳ありませんでした。」と締めくくった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ