本文へ移動

【MLB】大谷翔平がホームランダービーの休憩中スマホで激励を受けた相手はあの超スーパースター「みてるからね」

2021年7月13日 11時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
サムズアップする大谷翔平(AP)

サムズアップする大谷翔平(AP)

◇12日(日本時間13日) MLB ホームランダービー(デンバー)
 エンゼルスの大谷翔平選手(27)が日本人選手として初めてホームランダービーに出場し、再延長戦の末に1回戦敗退となった。ダービー中には、チームメートのマイク・トラウト外野手(29)からスマホで激励を受けた。
 大谷はナショナルズのソトと1回戦で対戦。4分間でのアーチ数が22本で並び、延長戦1分間でもそれぞれ6本で決着はつかなかった。3スイングでのアーチ数を競う再延長では先に打ったソトがすべて柵越えすると、大谷はファーストスイングで凡打。惜しくも1回戦敗退となった。
 ダービー後のNHKのインタビューでは、ダービーの休憩中にトラウトから「みてるからね」と電話があったことを明かした。ツイッター上では「大谷くんトラウトと電話してたのか」「トラウトから電話が掛かってくる大谷翔平!笑」と謎の電話の相手がメジャーのスーパースターだったことに驚きのコメントが相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ