本文へ移動

【MLBホームランダービー】ロッキーズ・ストーリーが史上最長弾!! 158m計測で2017年のジャッジ超え

2021年7月13日 10時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッキーズのストーリー(AP)

ロッキーズのストーリー(AP)

◇12日(日本時間13日) MLB ホームランダービー(デンバー)
 ロッキーズのトレバー・ストーリー遊撃手(28)が、ホームランダービーに出場。1回戦で計測史上最長となる518フィート(約158メートル)の特大ホームランを放った。
 ストーリーは1回戦でレンジャーズのギャロと対戦。2本目に飛び出した左中間へのホームランは、2017年のアーロン・ジャッジ外野手(29)が記録した513フィート(156メートル)を超える518フィートを計測した。
 ストーリーは制限時間4分間での本塁打数を20本に伸ばし、ギャロとの対戦を制して準決勝進出が決定。1回戦4組のうち最終組での登場となる大谷が、最長飛距離を更新するかに注目が集まる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ