本文へ移動

念願の『骨折成就』!? FC東京・渡辺凌磨が負傷時の心境回顧「悔しさより…やっと折れてくれた」

2021年7月12日 18時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
復帰後初の実戦出場となったMF渡辺凌(FC東京提供)

復帰後初の実戦出場となったMF渡辺凌(FC東京提供)

◇12日 練習試合 FC東京2―0町田(東京・小平グラウンド)
 負傷で離脱していたFC東京のMF渡辺凌磨(24)が実戦復帰。約30分間プレーし、元気な姿を見せた。
 左第5中足骨骨折の負傷を乗り越え、再びピッチに帰って来た。今季初挑戦のJ1では開幕からリーグ5試合に出場し、1得点を挙げていた。だが、その陰で慢性的な痛みに悩まされてきたという。渡辺凌は「いつ折れてもおかしくない状況で、100%でプレーできていなかった。悔しさというよりもやっと折れてくれたというのが正直な感想。ようやく何もない状況になって、楽しくプレーできている」と、笑顔で語った。
 不安も拭え、ここからが本番。FC東京のために、「もっともっと結果で示して恩を返せるようにしたい」と、大暴れを誓った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ