本文へ移動

東邦・石川が初回同点打、3回には2点打 【U―18W杯・アメリカ戦】

2019年9月1日 19時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加

◇U―18W杯1次R第3戦 日本―アメリカ(1日・機張)

 野球のU―18W杯は1日、韓国・機張で1次ラウンド第3戦が行われ、高校日本代表はアメリカ代表と対戦。その1点を追う1回だった。先頭の森が三塁打を放つと、2死後に主砲のバットが火を噴いた。4番・石川(東邦高)が、3ボールからの4球目をフルスイング。右翼線に運ぶ二塁打を放ち、すぐさま同点に追いついた。「日本の4番を任されていることに喜びを感じる」。そう話していた石川は3回にも魅せた。1点を奪いなお無死満塁の好機。三遊間を破る2点左前打を放ち、存在感を見せつけた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ