本文へ移動

東邦ガスは初の4強逃す 0-0で延長10回タイブレーク突入も3失点で力尽きる【社会人野球日本選手権】

2021年7月12日 16時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東邦ガス・若林

東邦ガス・若林

◇11日 社会人野球日本選手権 NTT東日本3―2東邦ガス(京セラドーム大阪、延長10回タイブレーク)
 社会人野球の第46回日本選手権第9日は11日、京セラドーム大阪で2回戦2試合と準々決勝1試合が行われ、東邦ガス(愛知)はタイブレーク制の延長10回、2―3でNTT東日本(東京)に敗れ、初の4強を逃した。トヨタ自動車(愛知)はJR四国(香川)に0―1で敗れ、準々決勝進出はならなかった。
    ◇    ◇
 初の4強を狙った東邦ガスは、先発・辻本が1死満塁から始まるタイブレークで力尽きた。0―0のまま突入した10回は犠飛で1点を先制されると、4番・向山に左中間を破る2点適時二塁打を浴びて3失点。裏の攻撃で4番・若林の2点適時打で追い上げたが、あと一歩届かなかった。中1日で先発したエース右腕は「負けたら何にもならない。犠飛だけにとどめておきたかった」と悔やんだ。若林は「何とか先に1点を取りたかった。辻本に申し訳ない」と無念の表情だった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ